メニュー

PRサイト

禁煙成功率が高い理由

タバコをやめたいけれどやめれない方に、禁煙成功率が92.6%のチャンピックスと言われる禁煙補助薬を紹介します。
タバコをやめれないの理由があります。一番の原因として、ニコチン依存症です。
ニコチンには、大きな特徴のひとつに、タバコを吸うことで、脳の中にニコチン受容体ができます。
この物質は、ニコチンと結びつくことでドパミンを放出します。
このドーパミンには、気持ちがいい、快楽を感じさせる大きな役割を持っています。この働きにより、タバコを吸うと気持ちいいなどと感じ、脳は、繰り返しその気持ちいいことを要求します。この症状が、ニコチン依存症です。
このニコチンへの依存を抑えることで禁煙は成功となります。
では、ニコチンへの依存は、どう抑えるのでしょうか?
その手段は、医師のサポートやアドバイスのもとに、禁煙外来といわれる専門医療機関での診断を受け処方される禁煙補助薬を服用することです。
これまでに販売されてきた禁煙補助薬には、ニコチンを主な成分に使用しているニコチンパッチやガムが広く出回っていましたが、ここ最近では、主な成分にニコチンを使用しないチャンピックスといわれる禁煙補助薬が、禁煙成功率92.6%という圧倒的に数字をたたき出したため、話題をなっており、3種類あります。
今回は、この話題になっているチャンピックスを取り上げます。
チャンピックスとは、主な有効成分にバレニクリン酒石酸塩という、たばこを吸いたい、ニコチンがほしいという感情を抑える効果がある物質です。
このチャンピックスの用法は、12週間継続して服用し、月日とともにその用量を増やしてきます。
初日から3日目までに、0.5mgの錠剤を1日に1錠、4日目~7日目までは、0.5mgの錠剤を1日に2回で朝と夕に1錠ずつ、8日以降は、1mgの錠剤を1日に2回で朝と夕に1錠ずつ服用します。
チャンピックスは、通販でも購入することができます。
本来は、禁煙外来で診断を受け処方される薬がありますが、処方がなくとも個人的に使用するのであれば、認められています。
その際に、用法や用量などに関する知識が必要になりますが、禁煙外来で処方される価格よりも安く購入することできます。
ただ、注意する点があります。
チャンピックスは、禁煙外来や通販で購入でき、高い効果をもたらしますが、副作用も報告されています。
不眠症や吐き気、頭痛、皮膚の発疹やかぶれなどの症状がみられます。
個人差はありますが、専門の医療機関での診断や相談などの必要な場合があります。