メニュー

禁煙を楽にしてくれる薬

一時的に供給不足を起こしてしまい処方希望者が多い中、製造を中止していた為に海外からの通販を代行する業者あるいは個人輸入により入手する必要があっったチャンピックスとは、その禁煙成功率の高さから喫煙者が禁煙に取り組む為に投与を希望する方が多く、一定の設けられて条件を満たす事で健康保険の適応を受けながら治療出来る事や煙草税の引き上げ、公共機関や飲食店の喫煙禁止が増えるに従って禁煙を始めようと検討する方が一気に増加した為に上記の様な供給不足を起こしていましたが、現在では禁煙外来でも供給が整った事でいつでも処方して貰う事が出来るとしています。
チャンピックスの成功率の高さの秘密は含有されている成分に有り、これは旧来までに市販薬としてあるいは個人輸入や通販により購入出来たニコチンを含んだニコチン製剤では無くバレニクリン酒石酸塩を含有する非ニコチン製剤で有るという事が挙げられ、異なる薬理により気軽に禁煙生活を開始する事が出来るとしており、内服薬となるので副作用症状が投与から数週間は続くとされますがそれでも旧来までのパッチやガムとは違い本人に負担を掛ける事無く禁煙に取り組む事が出来ます。
バレンクリン酒石酸塩が持つ薬理にとして二つの作用が有るとされ、刺激と拮抗の作用により離脱症状の緩和や喫煙に対しての欲求緩和を行う事が出来るとし、刺激の作用は喫煙時と脳内の状態を同様にする事ができ、成分が受容体に結合する事でニコチンの半分のDAを分泌させる事ができ、これにより禁煙開始時に起こる集中困難やイライラ等の離脱症状を抑える事ができ、喫煙願望を軽減させる事が出来るとしています。
もう一つの拮抗の作用は文字通り投与期間中に喫煙してしまう事があっても脳内に入ってくるニコチンの作用と拮抗する事によりその作用を弱める事が出来るので喫煙をしても今ひとつ今迄得られていた満足感や気持ちの落ち着き等を得る事が出来なくなるとしています。
その為、禁煙開始一週間は無理に煙草を止める必要が無く自然に喫煙への願望が薄れてくるとされているので無理な我慢を強いる事無く気軽に禁煙を始める事ができ、三ヶ月が投与期間とされ最後まで投与を行った方の約半数は成功しているので旧来のニコチン製剤で挫折した方でも異なる作用が禁煙を楽にしてくれます。
チャンピックスは医師の処方あるいは海外からの通販、個人輸入により購入する事が出来るとしています。